ネガティブな考えを悪いと思うと苦しくなる

なぜネガティブに考えてしまうのか?

生徒から話を聞いていると、
「ネガティブな考えをしてしまうから、良くない」
という生徒がいます。

ただ、それを「悪いことだ」と考えてしまうのがよくないのです。

そう考えることで、自分で自分を責めてしまいます。
自分で自分を責めることほど、一番傷つくものはありません。

その本人にしてもなぜ自分を責めるかといえば、本当のところでは「成長したい」というポジティブな思いがあるからです。
「成長したい」という気持ちがない人は自分で自分を責めることはないでしょう。

 

ネガティブになることを悪いことだと思わないのが大切

では、ポジティブに物事をとらえるようにできるかと言えば、それはそれで難しいでしょう。

ネガティブな考えをしてしまうのも、仕方がないな、と思うことが大切です。