中1の正負の数の計算方法

中1の前半に学ぶ、正負の数の計算について、簡単に解く方法をお伝えします。

教科書に書かれている方法ですと、「同符号の時には~、異符号の時には~」と、なかなか言葉も方法も、難しいものが載っています。
そのため、子供によってはそこでつまづく子もいます。

この1記事で説明しますので、順に書いていきます。
始めに、最低限覚える計算のパターンをお伝えします。

<計算の3パターン>
①2-5=-3(-を付けてから大きい数から小さい数を引く)
②-2+5=3(項の順番を入れ替えて、+5-2に直して計算)
③-2-5=-7(-をつけて、2+5を行う)

この3つのパターンだけ覚えて計算できるようにします。
本題に入ります。

例 (-3)+(-5)-(-3)+(+2)

この計算を解く方法についてお伝えします。
手順は次の形です。

<正負の数の計算方法>
1.[ルール]にのっとってカッコを外す
2.+は+、-は-でまとめる
3.+を前、-を後ろにして計算する

[ルール]とは、次の形です。

<カッコを外す4パターン>
①+(+5)=+5
②-(-5)=+5
③+(-5)=-5
④-(+5)=-5

++は+、--は-、+-は-、-+は-と覚えます。

もう一度、例の計算をもってきます。

例 (-3)+(-5)-(-3)+(+2)

では、[ルール]にのっとってカッコを外します。

(-3)+(-5)-(-3)+(+2)
=-3-5+3+2

次に、+は+、-は-でまとめます。

-3-5+3+2
=3+2-3-5

次に、+の部分だけ、-の部分だけ計算します。

3+2-3-5
=5-8

最後に計算をすると、

5-8
=-3(計算のパターンの③)

という具合です。